• ホーム
  • クロールの巡回頻度を高める方法

クロールの巡回頻度を高める方法

SEO対策においてはXMLサイトマップも重要となります。XMLサイトマップというのは、ウェブサイト内のURLを記述するファイル形式の1つを指しており、その形式がxml形式であることからこのように呼ばれます。速やかにインデックスされるためにも非常に重要なことです。インデックスされない場合はXMLサイトマップを見直してみることが有効となります。

Googleでは充実した様々なツールを一般に公開しています。そのうちの1つがFetch as Googleです。Fetch as Googleでは、URL検査などを行うことが出来ます。自サイトの分析を行いたいという方にとって非常に便利な機能となっています。検索エンジンには、クローラーが巡回することによってその内容を把握する仕組みを採用しているという特徴があります。これは人の目で全てのサイトを隅々までチェックすることが事実上不可能であるからです。しかし、クローラーはそこまで万能ではなく、サイトの内容によっては巡回できない可能性もあります。そこでサイトを作る際にはクローラーが巡回しやすいことを心がけておくことが大切です。クローラーが巡回することをクロールと呼び、クロールしやすいサイト構成を心がけることをクローラビリティと言います。

充実したサイトの更新頻度は検索エンジンからの評価に大きな影響を与えます。更新頻度が高いサイトは、情報の発信力の高いホームページである可能性が高いからです。些細なことでも頻繁に更新を行い、アクティブなホームページであることをアピールすることも大切といえるでしょう。

リンクが増えると検索結果が上昇する可能性が増します。しかしながら、Googleではリンクの内容にも注目しています。それゆえに評価を確実に上げたいのであれば、リンクの内容を精査することが重要となります。スパムサイトなどと繋がっている場合は評価が下がるどころか、ペナルティの対象になってしまう恐れもあります。

サイト内に目次を付けることは見やすさを重視する上で有効となります。目次をクリックすることで任意のページに移動できるようにすれば、多くの方が利用してくれるかもしれません。分かりやすすぎるほど分かりやすくすることが非常に重要となります。SEO対策を行う際には利用者の目線で自分のホームページが使いやすいかどうかについて、中立的に考えてみることが重要となっています。それがクローラーの巡回にも繋がります。