• ホーム
  • 構造化マークアップによるSEO対策について

構造化マークアップによるSEO対策について

SEO対策には構造化対策を含むケースもあります。サイトを構造的にとらえていくことにより、利用者にとっての利便性を高めることが出来ます。その際に重要となるのがテストツールです。テストツールを用意することにより、マークアップを効率的にすることも出来ます。マークアップとは、原価に加えられる一定の利潤のことですが、マークを付けるという意味で使われることもある言葉です。マークアップ言語という意味で用いられることもあります。いずれにしてもサイトを運営するからにはその費用以上の効果を得なければなりません。収益と向き合っていくことも重要といえるでしょう。

検索エンジンではサイトの内容について詳しく確認を行いますが、人の目で全てのホームページをチェックするのは不可能に近いことです。そこでクローラーを巡回させることにより、サイトをチェックする仕組みになっています。クローラーに巡回されにくいサイトになっていると、なかなかインデックスされない状態にもなってしまう可能性があります。そこでクローラーに巡回されやすいサイトにすることが求められます。これをクローラービリティと言います。検索結果のどこに表示されるかによってアクセス数が大きく変わることもあります。

サイトを作成するツールには様々なものがあります。その1つがJavaScriptです。JavaScriptは非常に利便性が高く、ホームページを作成する際のハードルも低いのでよく利用されています。構造化を実現したい方にはJSON-LDがお勧めです。JSON-LDを活用することで構造化と見やすさを両立させたホームページを作成することが出来ます。Googleなどの検索エンジンではコアアルゴリズムを設定しています。そういったアルゴリズムを理解することにより、有効なSEO対策を練られるようになります。コアアルゴリズムは定期的にアップデートされるので、その内容を知っておくことも大切です。HTMLはホームページを作成するためによく使われています。一般に存在するホームページの多くはHTMLを採用しているという事情もあります。

つまり、HTMLについて知っておくことは、それぞれのサイトを深く理解することへも繋がります。有効なSEO対策を行うためには、自分のサイトだけでなく、業界や様々なサイトのことを良く知り、施策を実施していくことが非常に重要といえるでしょう。それがGoogleの検索結果にも影響します。