• ホーム
  • Google検索エンジンのペナルティって一体何?

Google検索エンジンのペナルティって一体何?

机の上にあるパソコン

Googleのアルゴリズムには抜け穴も存在し、そこを突くことで検索順位を上昇させられる可能性もあります。しかし、抜け穴を使って検索順位を上げることはガイドラインに違反する行為となっています。ガイドラインに違反する手段で検索順位を高めても、ペナルティが課されてしまうことになります。サイトを運営する際にはガイドラインに違反することがないように心がけることが欠かせません。

検索エンジンのペナルティには自動ペナルティと、手動ペナルティがあります。いずれにしても検索エンジンからインデックスされなくなってしまうことになります。最悪の場合はインデックスされないだけでなく、検索結果から削除されてしまうこともあります。SEO対策を行う際の大きなマイナスになってしまうこともあるので注意しておきましょう。なお、ガイドラインに違反する行為でSEO対策を実施することはブラックハットSEOと呼ばれます。逆にルールに違反せずに対策をすることはホワイトハットSEOと呼ばれます。

被リンクを闇雲に増やすこともペナルティの対象となる恐れがあります。リンクが多い方が有利ということから、関連性の全くないサイト同士がリンクを繋ぐ行為が発生しています。これは利用者の利便性を高めることになりません。そこでGoogleなどの検索エンジンではこういった行為に対してペナルティを課すこともあります。それゆえに被リンクを繋ぐ時にはサイトを精査することが重要となります。検索エンジンから外されてしまった場合は再審査を受けることで復帰できるかが決まります。まだ問題があった場合は再審査を受けても元に戻らないこともあります。

自サイトがガイドラインに違反しているかどうかはツールを活用することによっても確認できます。ツールでガイドラインに違反していないことを確認してから再審査を受けることにより、検索エンジンからの制限を解除される可能性が高くなります。再審査で否認されてしまうと大きなロスになってしまうので、確実に解除される状態を作り出すことが重要といえるでしょう。否認された状態が続くと検索エンジンでそのサイトを見つけることが出来なくなるかもしれません。それはアクセス数を大幅にダウンさせてしまうことにも繋がります。ガイドラインをよく読み、違反してしまうことがないようにSEO対策を行っていくことがアクセス数アップの実現には欠かせないといえるでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧